2019年のお気に入り音楽(その3)

これでおしまい。
【邦楽】編
-コメント-

倉木麻衣の20周年のお祝い関連でいろいろ散財したけれど、
アルバム的には以下の3つ。BABY METAL はこれまで以上に
はまった感じ。

BABY METAL /METAL GALAXY
小沢健二 / SO KAKKOII 宇宙 
GALNERYUS / INTO THE PURGATORY

去年同様、いまいち新しくピンとくるものがないのが寂しい。


【ライブ】編
-コメント-
個々の感想もサボっているので観にいったライブは以下。
全部で19公演と昨年より多く行けたことに感謝。意外に邦楽率が高かったりして。


1月:-
2月:Eddi Reader、Stryper
3月:Download Japan
4月:Tim Crhistensen、倉木麻衣
5月:-
6月:Imperitelli、BABY METAL
7月:相対性理論、フジロックフェスティバル
8月:-
9月:HOOVERPHONIC、Feeder、ManicStreet Preachers
10月:HothouseFlowers、One OK Rock、倉木麻衣
11月:CANDLEMASS、BABY METAL
12月:倉木麻衣、U2

フジロックはsiaが今年のハイライト。雨も気にならないくらいダントツにすばらしかった。WaterboysとCureも楽しかった。
Download JapanはなんといってもSlayerのラストが観られたのが良かった。
Live Viewingも含めるとBABY METAL は実質3回。。
年末のU2はあの金額でスクリーンの一部が見切れるという悪い席でしたが、ライブの内容そのものは大満足。
やっぱりあの頃の曲が好きだなぁ。
今年行ったライブは一つも外れなしというライブの当たり年でした。

また一年楽しい音楽生活が送れますように。

| | Comments (0)

2019年のお気に入り音楽(その2)

【HR/HM】です。

順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.DONNIE VIE / BEAUTIFL THINGS
2.ART NATION / TRANSITION
3.OPETH / IN CAUDA VENEUM
4.CANDLEMASS THE DOOR TO ROOM
5.THE WILDHEARTS / THE WILDHEARTS


次点
ALTER BRIDGE / WALK THE SKY
DREAM THEATER / DISTANCE OVER TIME
ACT / REBIRTH 


-コメント-
・新目のところはART NATION。イメージしている北欧メタルが久しぶりに現れてきた感じで
嬉しい。
とはいってもDONNIE VIEのアルバムは贔屓目なしにしてもかなり嬉しい出来で、久しぶり
の本領発揮してくれたと思うし、ダントツで聴いていたなぁ。
後はいつもの定番というところだけれど、DREAM THEATERはいまいちはまれなかった。
ライブを観ると変わるんだろうか。

CANDLEMASSもだけれど、OPETHはいい意味で変わらない安定感が安心。

THE WILDHEARTSはその後に出たミニアルバムのDIAGNOSISも良かっただけに行けなかった
来日公演のドタバタが残念。

MAGPIE SALUTEの「HIGH WATER II」はまだ買ったばかりで聴いていないので、ひとまず
ここに備忘として記載。

| | Comments (0)

2019年のお気に入り音楽(その1)

毎年同様ライブ盤、ベスト盤を除いたオリジナル・アルバムで2019年発売の私のお気に入りのCDです。
よく聴いた物、特に印象に残ったものからピックアップしました。
今年も5枚に絞りました。
まずはポップ/ロックから。

【ポップ/ロック】
順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.DIDO / STILL ON MY MIND
2.THE SOFT CAVALRY /THE SOFT CAVALRY
3.ARIANA GRANDE / THANK U, NEXT
4.FEEDER / TALLULAH
5.THOM YORKE / ANIMA


次点
ALTAN / THE GAP OF DREAMS


-コメント-
今年も去年同様、結構少なめなCD/DVD購入数。どんどん少なくなっていっている感じ。
年末は「LAST CRISTMAS」のサントラを良く聴いていた。新曲はぼちぼち。
・YANN TIERSENの「PORTRAIT」はセルフカバーなのでよく聴いたけれど、除外。


個々の簡単な感想は以下
・DIDOはほんとに聴いていて落ち着く。ダウナー気味のメロディが心地よく沁みる。
・THE SOFT CAVALRYも似たような傾向かも。
・ARIANA GRANDEはなんとなくだけど、特にこの曲とかなくふわっと聴いていたかも。
・FEEDERは勢いとかよりも円熟味で落ち着いて聴けた。
・THOM YORKEはRadioheadでのほうが好きかな。フジロックのライブもあって良く聴いていた。
・COLDPLAYの「EVERYDAY LIFE」、NEW ORDERの「NOMC15」、TAYLOR SWIFTの「LOVER」
は届いたばかりなのでひとまずここに備忘として記載。

| | Comments (0)

2018年のお気に入り音楽(その3)

これでおしまい。
【邦楽】編
-コメント-

倉木麻衣と宇多田ヒカル、小沢健二以外は全然聴いていなかった。
いまいち新しくピンとくるものがないのが寂しい。


【ライブ】編
-コメント-
個々の感想もサボっているので観にいったライブは以下。
全部で17公演と昨年よりは多く行けたことに感謝。意外に邦楽率が高い。
ついにSummersonicは行くのを諦めてしまった。。。。

1月:Poppy
2月:PiaFraus
3月:HELLOWEEN(2公演)
4月:小沢健二
5月:Garnelius
7月:The Wildhearts、フジロックフェスティバル
8月:倉木麻衣、MyBloody Valentine
9月:Sons Of Aoplo、Renessance
10月:TREAT、Def Leppard、BABYMETAL
11月:倉木麻衣、
12月:宇多田ヒカル

フジロックはjizue、HOTHOUSE FLOWERSが良かった。大物のトリは観ることができたし、いい経験になった。
Sons Of Aoploを観てからしばらくJeff Scott Soto にはまって過去の作品を聞きまくった。ようやくしっかりと
観ることができてとれも嬉しい。まさかのMichael Kiske合流のHELLOWEENはそういう構成になるよねというセットリストで大はまり。
こんなことってあるんですね~とびっくり。
TREATもMyBloody ValentineもPiaFrausも今年行ったライブは一つも外れなしというライブの当たり年でした。

また一年楽しい音楽生活が送れますように。

| | Comments (0)

2018年のお気に入り音楽(その2)

【HR/HM】です。

順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.SLASH FEATURING MYLES KENNEDY AND THE CONSPIRATORS / LIVING THE DREAM
2.TREAT / TUNGUSKA
3.TEN / ILLUMINATI
4.OPETH / STILL LIFE
5.IMPELLITTERI / NATURE OF THE BEAST


次点
AMARANTHE / HELIX
CJ WILDHEARTS / BLOOD
SUICIDAL TENDENCIES / GET YOUR FIGHT ON
MYLES KENEDY / YEAR OF THE TIGER


-コメント-
いつものって感じで新規開拓はなし。それでいいのかとも思うけれど、どうも食指が
伸びないのは年のせいなんだろうか。Michael Kiskeも合流してのHELLOWEENが一番の
ハイライト。PUMPKIN UNITEDはシングルなので入れませんでした。

個々の簡単な感想は以下
・SLASHは MYLESのボーカルで安心して弾きまくっている感じが好き。2作連続完成度高い
 なと思う。ポップ・ロック含めて2018年一番聴きまくったアルバム。
・TREATも一定のクオリティを保ってリリースしてくれている再結成後の方が好きな曲が
増えてきている。昔の曲だけという感じじゃなくなっているのが嬉しい。
・TENもOPETHもIMPELLITTERIも安定してコンスタントに活動してくれていることが嬉しい。

| | Comments (0)

2018年のお気に入り音楽(その1)

書いただけでアップし忘れていた2018年のお気に入りです。

毎年同様ライブ盤、ベスト盤を除いたオリジナル・アルバムで2018年発売の私のお気に入りのCDです。
よく聴いた物、特に印象に残ったものからピックアップしました。
今年も5枚に絞りました。
まずはポップ/ロックから。

【ポップ/ロック】
順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.ERASURE WORLD BEYOND
2.EDDIE READER CAVALIER
3.MUSE SIMULATION THEORY
4.SMASHING PUNPKINS SHINY & OH SO BRIGHT VOL.1/ LP - NO PAST NO FUTURE NO SUN
5.MANIC STREET PREACHERS RESISTANCE IS FUTILE


次点
EMIKA FALLING IN LOVE WITH SADNESS
CRAIG DAVID THE TIME IS NOW 
STEVE PERRY TRACES

-コメント-
今年も去年同様、結構少なめなCD/DVD購入数。
QUEENの「BOHEMIAN RHAPSODY」を観てからはそのサントラを良く聴いていた。
新譜でいうと次点にしたEMIKAを含めてほぼ横並びな感じ。

個々の簡単な感想は以下
・ERASUREは変わらないメロディが心地よく気持ちが弾む
・EDDIE READERはライブよりCDの方がおとなしめなのでライブで印象が変わった。
久しぶりのアップテンポな曲が印象的。
・MUSEもいつものMUSE節。ライブで聴くとまたいいんだろうなと思ってしまう。
・SMASHING PUNPKINSは正直あまり期待していなかったのだけれど、いい意味で
 裏切られた1枚。これからいっぱい聴きそうな予感。
・MANIC STREET PREACHERSはややハード目な印象。
・次点としたEMIKAはまだあまり聴きこんでいないので暫定順位という感じ。

| | Comments (0)

2017年のお気に入り音楽(その3)

これでおしまい。
【邦楽】編
-コメント-
GALNERYUSが突出した感じはあるけれど、倉木麻衣も活動が多く
チェックを楽しんでいました。あと、小沢健二が復活してきた
のは嬉しかったなぁ。


【ライブ】編
-コメント-
個々の感想もサボっているので観にいったライブは以下。
全部で14公演と昨年よりは多いけれど引き続き少な目。
とはいえ、ようやく観ることができたDepeche Modeには感激。
また観にいきたいなぁ。

1月:Guns'N Roses, The Wildhearts
4月:BreakerZ vs 倉木麻衣、LA Salami
5月:Depeche Mode
6月:Sting, 万有引力
7月:フジロックフェスティバル
8月:Summersonic
9月:Dream Theater(2公演)、At The Drive In
11月:オリコンフェス
12月:Slowdive

フジロックはなんといってもbjork。あとは小沢健二とSlowdiveが良かった。サマソニはBABY METALとRick Astry
が良かった。

また一年楽しい音楽生活が送れますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年のお気に入り音楽(その2)

【HR/HM】です。

順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.GALNERYUS / ULTIMATE SACRIFICE
2.PLACE VENDOME / CLOSETO THE SUN
3.ARCH ENEMY / WILL TO POWER
4.ART NATION / LIBERATION
5.ANATHEMA / OPTIMIST

次点
TEN / GOTHICA


-コメント-
DIZZY MIZZ LIZZYやALTER BRIDGE、TREATといったライブ盤が充実していたのも
あって新譜チェックは疎か。

個々の簡単な感想は以下
・GALNERYUSの前作は全くはまれなかったのだけれど、今作は聴いた瞬間に自分の
 好みの曲と展開に満足。個人的には初めて日本のアーチストを一番にしたかも。
・PLACE VENDOME は安定してMichael Kiskeのボーカルが聴けたことが嬉しい。
・ARCH ENEMY はボーカルが変わっても安定した曲を提供してくれるので聴いていて
 心地いい。
・ART NATION はHR/HMで2017年初めて知った唯一のアーチスト。久しぶりのメロディ・ロック
 を発見できたこととても嬉しい。来日公演中止は残念でした。
・ANATHEMAは静かな感じで じっくりと聴くといいアルバムでした。

・TENも安定してメロディアスな渋い感じがいいなぁと思った。

・EVANESCENCEの「SYNTHESIS」は予想通りのできなのでライブがあったとしても微妙かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年のお気に入り音楽(その1)

毎年同様ライブ盤、ベスト盤を除いたオリジナル・アルバムで2017年発売の私のお気に入りのCDです。
よく聴いた物、特に印象に残ったものからピックアップしました。
今年も5枚に絞りました。
まずはポップ/ロックから。

【ポップ/ロック】
順 位 |アーティスト名 / アルバム名       
----------------------------------------------
1.DEPECHE MODE / SPIRIT
2.SLOWDIVE / SLOWDIVE
3.PAUL HEATON & JACQUI ABBOTT / CROOKED
4.WILSEN / I GO MISSING IN MY SLEEP
5.PIA FRAUS / FIELD CEREMONY

次点
BJORK / UTOPIA
SAINT ETIENNE / HOME COUTIES


-コメント-
今年も去年同様、結構少なめなCD/DVD購入数。
年の頭からGEORGE MICHAELの歌声が頭の中をぐるぐる回っていたし、
後半には「LISTEN WITHOUT PREJUDICE + MTV UNPLUGGED」が出たので
一番聴いたアーチストでいうと間違いなくGEORGE MICHAELでした。
もう新しい活動が見られないのが非常に残念です。
それ以外ではシューゲイザー的な音の流れに身を任せることが多かったかな。

個々の簡単な感想は以下
・DEPECHE MODEはついにライブを観ることができ、GEORGE MICHAELの訃報
 がなければ2017年の個人的ハイライトでした。
・SLOWDIVEもライブを観ることができた。フジロックも単独もこの新譜から
 の曲がとても心地よかったです。
・PAUL HEATON & JACQUI ABBOTT はメロディ・ラインが相変わらず良く
 軽やかな感じが好き。
・WILSENは旅行先のレコード屋さんで流れていて買った1枚。メロディが
 美しく穏やかな気持ちにさせてくれる、2017年初めて知った唯一のアーチスト。
・PIA FRAUS は久しぶりのリリースで来年のライブも楽しみとなる粒ぞろい
 な曲が並んでいると思った。
・次点としたBJORKの「UTOPIA」はまだあまり聴きこんでいないので暫定順位という感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年のお気に入り音楽(その3)

これでおしまい。
【邦楽】編
-コメント-
2016年は邦楽が充実。中でも一番はまったのがBABY METAL。
ライブもいい感じだったし、これからも楽しみ。
以下の3枚はかなり聴いたと思う。洋楽よりも聴いていたかも。

BABY METAL / METAL RESISTANCE
宇多田ヒカル / FANTONE
相対性理論 / 天声ジングル


【ライブ】編
-コメント-
個々の感想もサボっているので観にいったライブは以下のとおり。
全部で12公演と昨年と同じくくらいに少な目。
2月:Madonna
4月:GINGER WILDHEART、Stryper、Squeeze
5月:DIZZY MIZZ LIZZY
6月:CJ WILDHEART
7月:フジロックフェスティバル、Culture Club
8月:Summersonic
9月:BABY METAL 、Helloween
11月:Feeder

フジロックはLOOK PARK 、BABY METAL、RHCPが良かった。サマソニはat the drive inとなんていってもradiohead
Culture Clubがこの年になって観ることができるなんて思いもしなかったのは嬉しい誤算。単に来た
というだけでなく、すばらしいパフォーマンスを見せてくれたのはさすが。

また一年楽しい音楽生活が送れますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«2016年のお気に入り音楽(その2)